化粧品製造展『COSMEX Bangkok 2020』

【2020年4月7日】公開

タイの健康・美容製品市場は、2018年に前年比7.8%増の2,500億バーツ(約8,520億円)規模に達しました。
今後も成長が見込まれる市場として、世界の関係者からも注目されています。

そんなタイの美容市場をさらに盛り上げるのが、数々の美容関連展示会。
今年9月にバンコクで初開催となる『COSMOPROF CBE 2020』(2020年9月17~19日/会場:IMPACT Exhibition & Convention Center)を筆頭に、2020年後半には立て続けに多くの美容関連展示会が開催される予定となっています。
その中でも、今年11月に開催される『COSMEX Bangkok 2020』は、東南アジアのみならず、世界各国・地域のバイヤーから注目を集めています。
 

COSMEX Bangkok とは

東南アジア ナンバーワンの展示会主催会社として、長年に渡り、国際展示会の開催を行って来た
Reed Tradex社が手掛ける『COSMEX Bangkok 2020』。
ODM / OEM・パッケージをメインに、その他パーソナルケア、栄養補助食品の製造技術のサービスが一堂に会する、東南アジア唯一の化粧品製造に特化した展示会として親しまれ、タイにとどまらず世界各国・地域との商談の場として確立されてきました。
世界最大の化粧品原料展「In-cosmetics」の併設展として8回目の開催を迎えた今年も、最新の美容トレンドの発信、ビジネスネットワークづくりの場として、最適なビジネスプラットフォームとなっています。
 

COSMEX Bangkok 2020 概要

開催期間:2020 年 11月 3 日(火)~ 5 日(木)
会  場:Bangkok International Trade and Exhibition Center(タイ・バンコク)
主  催:Reed Tradex Co., Ltd. 
来場者数:11,523名(2019年実績) 
出展社数:176社(2019年度実績)
展示面積:6,678㎡
 

COSMEX Bangkok 2020 展示内容・ターゲット 

化粧品・美容/OEM/ODMから製造技術、包装機械まで、幅広く扱う「マルチ」な展示会。
 
主な来場者内訳
メーカー:
・香水/コスメ/ヘアケア商品/ネイル/サプリメント
・OEM・ODM関連
オーナー:
・エステサロン/スパ/ホテル/チェーンストア
・百貨店/スーパーマーケット/ハイパーマーケット 
 
主な出展品目
・OEM・ODM関連
・パッケージ・ラベル
・化粧品(完成品)/ 美容関連用品/ 香水
・天然、オーガニック素材化粧品
・サプリメント(ダイエットサプリ、健康サポート製品等)
・医療・健康/ ヘルスケア、保健産業、保健用品
・機械・工業技術/ その他の産業用機器・設備
 

COSMEX Bangkok 2020 の特長 

タイのみならず、その周辺及び欧米諸国・地域からバイヤーが来場する本展示会は、まさに海外進出をはかる上での第一歩として最適な場となります。
以下は昨年度の実績となりますが、来場者の国・地域別内訳は108ヶ国・地域(※展示会主催会社調べ)。
そのうちの上位20ヵ国・地域のなかでも、アメリカやフランス、ドイツなど化粧品メーカーの大手が多く存在する主要国・地域がラインクインしています。
また、来場者の役職では、オーナーやマネージャークラス以上のいわゆる「決定権のある層」が全体の半分以上を占めており、商談を進める上でも、適した環境が整っているといえます。


COSMEX 2019年集計報告より


COSMEX 2019年集計報告より

主なバイヤー(来場者)として、L’Oréal(ロレアル)、Unilever(ユニリーバ)、Estée Laude(エスティ―ローダ)、Johnson & Johnson(ジョンソン&ジョンソン)などの担当者が来訪すると共に、日本からはカネボウ化粧品、花王、Kosé(コーセー)などの主力企業が訪れています。
また、ドラッグストア系列などでは、イギリスに本拠地を置くBoots(ブーツ)や香港の大手ドラッグストアチェーンのWatson’s(ワトソンズ)の関係者も来場しており、こうした業界関係者とのビジネス構築を視野に展示会出展を検討することもビジネス戦略の上で有効といえます。
 

COSMEX Bangkok 2020 後援団体・宣伝活動

Reed Tradex傘下のイベントということもあり、後援団体の構成から宣伝活動まで、来場者誘致も力をいれており、規模は年々拡大しております。


COSMEX 2019年集計報告より

Thai Cosmetic Manufacturers Association(タイ最大の化粧品団体)やAsian Packaging Federation (アジア包装連盟 )後援のもと、現地メディア媒体、テレビ局、ラジオ局との連携もはかりながらタイ国内でも注目度を高めています。

【公式SNS】
COMEX(Facebook) 
COSMEX(Instagram)
 

東南アジアの「ハブ」を次なるビジネスステージとして活用するために 

タイは、東南アジア最大の化粧品生産国であり、東南アジア全体をけん引する最大の市場でもあり、まさに東南アジアの化粧品・美容ビジネスのハブといえます。
2020年には東南アジア全体で、パーソナルケア製品を中心に、1兆円規模へと拡大すると予想されています。
『COSMEX Bangkok 2020』は、タイ市場への参入はもちろん、 東南アジアの「ハブ」を次なるビジネスステージとして活用し、東南アジア全域、さらには欧米諸国へとつなげるあらたなビジネスチャンスを見つけるのに最適な場といえるでしょう。


ビッグビートでは、『COSMEX Bangkok 2020』へのご出展を検討されている企業様に向けて、オリジナルのパッケージプランをご案内しております。
 
このプランでは展示会出展のみならず、貴社に代わって商品を現地販売代理店へご紹介するなど、ビジネス成立へと近づけるようサポートをいたします。
展示会は「商談の場」としてご活用いただき、展示会後には現地販売代理店等とのコネクションを営業フォローしてまいります。
 
「展示会には出てみたけど、実際のビジネスへ繋がりにくい」といった悩みを少しでも解決できる場として、『COSMEX Bangkok 2020』を最大限活用できるよう、サポートいたします。
 
どうぞお気軽にお問い合わせください。


*新しいウインドウでPDFファイルのダウンロードがはじまります。


関連記事

美容関連展示会『COSMOPROF CBE 2020』東南アジアで初開催 

ざっくりわかるタイの化粧品市場

タイ化粧品市場参入の重要なパートナー:ディストリビューターとの関係づくり

タイ化粧品市場参入の障壁:FDA承認申請

タイ化粧品市場参入のための展示会活用法
 

関連記事