クアラルンプールの展示会場MITECに行くなら知っておきたい便利な場所

入念に準備をしていても、イベントの現場では、「あれが無い! これが足りない!」が起こりがちです。
土地勘のあるところならまだしも、初めて訪れた場所、まして言葉も通じにくい海外では、どこで調達すればよいか、途方に暮れることもあるかもしれません。

今回は、マレーシアのクアラルンプールにあるMITEC(Malaysia International Trade and Exhibition Centre)で、困ったことがあったときに知っておくと便利な場所をご紹介します。

いろいろ行かずに1ヵ所で解決
MITECからクルマで数分のところにあるショッピングモール Publika Shopping Galleryに行けば、たいていのものが調達できます。
海外からの駐在員が多く住む地区に近く、「ショッピングと食と文化・芸術、自然の融合」をコンセプトにした高級路線のショッピングモールです。
レジデンスやオフィスも併設されており、ひとつの街といっても良いくらい充実しています。

MITECは配車サービスのGrabとパートナーシップを結んでおり、指定の乗降場も設置されているので、クルマを呼ぶのもスムーズです。



展示会で使う文具類や消耗品などはたいてい揃うスーパーマーケット「B.I.G.」
ボールペンやステープラー、ガムテープ、ハサミ、ビニール袋……運営用の備品や消耗品は、日本から持ち込むよりも、現地で調達してしまった方が楽かもしれません。
Publika内のスーパーマーケットB.I.G.(Ben’s Independent Grocer)は、文具類や雑貨の品揃えが充実しています。
たいていのものは見つかるはずです。

簡単な工具類も取り扱っていますので、ブースや展示品に緊急で手を加えたいときにも、重宝します。

スーパーマーケットなので、もちろん食品も豊富です。
会期中のスタッフ用の飲み物や菓子類を紙コップなどとまとめて買っていくのも良いでしょう。





テーブルタップやケーブル類は「Well com PC」で
必要なコンセントの口数を、事前に施工会社に伝えて用意してもらっていても、展示会が始まると足りなくなるということはよくあります。
私物のスマートフォンやパソコンなどの充電をすることもあるでしょう。

テーブルタップやアダプターが必要になったらWell com PCが便利です。
名前の通りパソコンショップなので、ケーブル類やアクセサリーも豊富に揃っています。





頼りになるビジネスコンビニ「MBE(MAIL BOXES ETC.)」
MITEC内には、残念ながらドキュメント出力サービスがありません。
チラシやカタログなどを印刷するなら、日本でもなじみのあるMBEに行くと良いでしょう。コピーやプリントなど、いわゆるビジネスコンビニのサービスが利用できます。

また、MBEは、FedExやDHLといった、国際宅配サービスの窓口にもなっています。



一番近い両替所は「Alif MC (Alif Money Changer Sdn Bhd) 」
うっかり手元に現金がなくなってしまったとき、Publika内のAlif MCが、MITECから一番近くて便利です。




Publikaは、とにかく大きなショッピングモールなので、お土産を探すのにも良いかもしれません。

また、駐在員居住地に近いこともあり、多彩な国のレストランやバーが並んでいます。
日本食レストランも多いので、日本料理が食べたくなったら、寄ってみるのも良いでしょう。
 

関連記事