JETROアドバイザーが語る!ベトナム製造業(自動車関連)で進出するなら今
バイク社会から車社会へ――今後の伸びしろに大きな期待

【2020年1月24日】公開

近年、著しい経済成長を遂げているベトナム。
2018年の実質GDP成長率は7.1%と過去10年間で最も高い伸び率となり、多くの外資系企業からもビジネス進出先として注目を集めています。
中でも製造業においては、人件費の安さや豊富な労働力などが大きな魅力となっています。

今回は、産業用ロボットや工作機械の輸出業務に長年携わり、ベトナムの自動車産業にも精通しているJETROアドバイザーの方にお話を伺いながら、ベトナムのビジネス概況や企業参入のポイントなどをご紹介します。


 

製造業進出で成功する秘訣は「旬の場所」を知ること

製造業では、工場のファクトリーオートメーション(FA)化に伴い、産業用ロボットや工作機械の導入が進んでいます。
工作機械等の製造・輸出業の市場動向を見ることで、製造業のトレンドの一端を知ることができます。

1980年代は日本の全盛期だったといえるでしょう。
1990年代になると、東アジアの時代がやってきます。
なかでも大きく成長したのが台湾や韓国です。
そして、2000年代に入ってから中国が目覚ましい発展を遂げ、2010年代はASEAN諸国が伸びてきています。
さらに将来を予測すると、2020年代は西アジアの時代になるといわれています。
特に注目されているのは、人口増加と経済規模の拡大が見込まれるインドです。
製造業ビジネスの海外展開にあたっては、こうした「旬の場所」をいかに追いかけるかが、成功のカギとなります。
 

ベトナム自動車産業の伸びしろとは?

では、ベトナムの現状はどうなっているのでしょうか。
ベトナムにはすでに多くの日本企業が進出しており、約1,800社以上もの現地法人が設立されています。
なかでも自動車産業は非常に有望です。
日本の大手自動車メーカーも1995年にトヨタ、1996年にホンダ、2008年に日産が現地法人を設立して、自動車の製造・販売を行っています。

現在は各社とも輸出向けの割合が大きく、ベトナム国内で販売されているのは現地生産量の10~20%程度ですが、今後はもっと伸びていくでしょう。
というのも、現在のベトナムはまだバイク社会で、自動車の需要はそれほど高くありませんが、経済成長に伴い、自動車を購入する人々が増えると予想されるからです。

具体的には、一人当たりGDPが3,000ドルを超えると、自家用車を買える経済状況になるといわれています。
ベトナムは現在2,000ドル程度ですが、数年後には3,000ドルを超えてくるでしょう。
ですから、2~3年後がターニングポイントとなり、車社会を迎えると予測されます。
 

ベトナム初の国産車メーカーも。政府挙げての支援に注目!

2019年にはベトナム最大の複合企業ビングループ傘下の「ビンファスト」が、同国初となる国産車を発表し、大きな話題となりました。
自動車大国のタイですら国産車の製造は行っていないことを見ても、ベトナムが国を挙げて自動車産業に力を入れていることが伺えます。

また、現在はエンジンなどの部品は主にタイから調達していますが、タイにおける生産コストが年々上昇しているため、エンジンの製造加工もベトナム現地で行いたいという意向が強くなっています。
日本の各自動車メーカーも、今はまだベトナムは単なる組立工場で、他国から仕入れた部品を使って車を完成させる体制となっていますが、ベトナムの生産技術が向上してきているので、数年のうちには現地でのエンジンの加工が実現するでしょう。
こうしたことから考えても、今後、ベトナムの自動車産業はさらに盛り上がっていくと思われます。
 

サプライチェーンの確立がネック

一方で、懸念される点もあります。
一番の不安要素は、サプライチェーンが確立されていないことです。
ベトナムではまだ裾野産業が育っていません。
自動車でいえば、末端産業は鉄工業ですが、ベトナム国内には鉄鉱石を溶解する大きな高炉がありません。
現在、プラントの設立が進められていますが、今のところ原材料の調達はタイや中国、韓国などからの輸入に頼らざるを得ないのが現状です。

2019年にはベトナム政府が自動車の原料と部品の輸入関税を撤廃する計画を発表しました。
ベトナム国内で自動車部品を製造するための原材料や組立製造のための部品を対象に優遇税制を設けることで、部品の国内調達率を向上させ、自動車産業育成におけるボトルネックを解消することを目指しています。
このように、裾野分野を強化し、自動車産業におけるピラミッドを確立しなければ、自動車産業の本格的な発展は難しいでしょう。
 

役人との付き合い方も重要

海外の企業がベトナムへの進出を考える際に念頭においておくべきなのは、ベトナムは新興国の中でも許認可のグレーゾーンが広いということです。
事業ライセンスの申請をする場合でも、先進国であれば認可の基準は法令で決まっていますが、ベトナムではここが極めてあいまいになっています。

では、何で決まるかといえば、役人の裁量です。
ベトナムは社会主義国なので、役人の力が強いのです。
極端な話、黒に近いグレーでも、役人が白だといえば白になってしまう。

ですから、ベトナムで事業を営むのであれば、役人とうまく付き合うことが重要になってきます。
この点を理解して臨機応変に対応することが、ベトナム進出を成功させる秘訣ともいえるでしょう。
 

参考Webサイト

【2019年版】ベトナム経済の最新状況と今後の見通し


世界の製造業「ベトナムの今」


2020年代のインド経済の課題


ベトナム初の国産車生産開始へ


焦点:迅速さと誇り、ベトナム初の国産車メーカーが賭ける夢


ベトナム自動車産業、今後どうなる?


自動車部品の輸入関税、撤廃の方針=財務省(アジア経済ニュース)


 

関連記事