Other=Country その他

【イベントレポート】ASEANのDXに、日本のITが貢献する可能性と課題|Bigbeat LIVE ASEAN vol.02

コロナパンデミック以降、当たり前と思われてきた働き方やビジネスモデルの再定義が世界規模で求められ、それに伴いグローバル展開のあり方そのものも大きな過渡期をむかえています。このような未知の変化をいち早く察知し、企業や業界の方向性に更新をかけつづけているのが経営者です。
そこでBigbeat LIVE ASEAN Vol.02ではIT企業経営者座談会を緊急開催! 欧米からASEANまで幅広い拠点を持つアステリア株式会社 代表取締役社長/CEOの平野洋一郎さん、シンガポール拠点を足掛かりにASEANへの展開をつづけるウイングアーク 1st株式会社 代表取締役/社長執行役員CEOの田中潤さんをお迎えし、日本のIT企業のグローバル対応の現状や今後の展望などについて、一経営者の視点からお話いただきました。モデレーターは、新規事業の立上げやバリューチェーン再編、DX支援などを20年以上にわたり手掛ける株式会社INDUSTRIAL-X 代表取締役の八子知礼さんです。



日本のIT業界がグローバル対応に遅れをとる理由とは


日本のITのグローバル化について、しばしば対応の遅れが指摘されますが、どのような理由があるのでしょうか。モデレーターの八子さんが尋ねると、アステリア社の平野さん、ウイングアーク 1st社の田中さんからそれぞれ「日本語をベースに考えていること」「日本のUIやUXの特殊性」が挙げられました。


ITのプロダクトのグローバル化は英語対応が第一。日本語だけのUIやUXを作ってから英語版を作ると後手になってしまう。これがプロダクトの遅れとしては大きいです。」(平野さん)

「かつて色々な機能を詰め込んだ『ガラケー』は日本では喜ばれましたが、海外では操作が複雑で理解されませんでした。世界標準を最初に設計せずに後から作り直そうとすると、どうしても遅れにつながります。」(田中さん)

こうした日本と海外の差異について、平野さんは「プロダクトの考え方」、田中さんは「品質の考え方」の違いをそれぞれ強調します。

日本のソフトウェアは『今必要なもの』をつくろうと考えるのに対し、欧米は『未来に必要なもの』をつくる傾向があります。今必要なものはすぐ売れるので経営の『安定』につながります。未来に必要なものは、まずリリースしてブラッシュアップしていく『永遠のベータ版』のような手法ですが、ここには欧米ならではの『投資』の考え方が背景にあります。」(平野さん)

日本のものづくりは『高品質』を売りにしていた一方で、欧米は『途中段階』でオープンにして徐々に品質をあげていく。欧米製品が増えた影響もありますが、特にモバイルが増えてから、日本でも顧客のデマンドが欧米型に変化してきました。」(田中さん)

日本でも現在は「アジャイル」「プロトタイプ」と呼ばれるような欧米型のスタイルが増えてきています。



ASEANでのグローバル展開事例

次に、各社のグローバル展開に関しての紹介をいただきました。

アステリア社は創業以来「日本からグローバルに」という考えを貫き、イギリス、アメリカ、中国、香港、シンガポールでビジネスを展開。ASEAN地域においては、シンガポールをベースに、インドネシアのベンチャーキャピタルへの出資やミャンマーでの実証実験、カンボジアでのNPO支援など、4カ国に拠点を持っています。

平野さんは、ASEANでのビジネス連携のやりやすさの一つに「時差」を挙げました。
「ミーティングもロンドンは夜、アメリカは早朝になりますが、シンガポールの時差は1時間のみ。非常に連携しやすく、これもASEANの価値のひとつでしょう。」(平野さん)




ウイングアーク1st社は、中国とシンガポール、オーストラリアに会社を置き、タイでは出資したIT企業を拠点にビジネスを行なっています。オーストラリアは、将来的な英語圏への展開のため実験場と位置づけ、オーストラリア国内での新しいビジネスモデルを展開されています。

ASEANでの事例として田中さんが強調されたのは、シンガポールでの「WINGARC DATA EMPOWERMENT ACCELERATOR」プログラムです。

「このプログラムは、当社と現地企業のMEET VENTURESによる、いわゆるスタートアップコンテストです。当社のテクノロジーを活かした新たなビジネスを発表してもらいます。昨年選ばれた3社へは、ビジネスのコンサルティングや仕組みの提供を行い、うまくいった場合は金銭的な支援も実施しています。」(田中さん)