インドネシアの主要な製造業向け展示会まとめ

第15回Manufacturing Surabaya

マニュファクチャリング スラバヤ 製造系展示会 ロゴ

スラバヤ、インドネシア

https://www.manufacturingsurabaya.com/
開催期間: 2019年7月17日(水)~20日(土)
会場:   Grand City Convention & Exhibition Centre Surabaya
展示面積: 3,645 ㎡
出展社数: 270社(21国・地域)
パビリオン:1(台湾)
来場者数: 6,176名

インドネシア第二の都市スラバヤで行われる、工作機械、工場設備、生産材料の見本市。ジャワ島東部地域で最も注目されている展示会といえる。

 

第30回Manufacturing Indonesia

マニュファクチャリング インドネシア 製造系展示会 ロゴ

インドネシア・ジャカルタ

https://manufacturingindonesia.com/
開催期間: 2019年12月4日(水)~7日(土)
会場:   JIExpo(ジャカルタ国際展示場)
展示面積: 37,645 ㎡
出展社数: 1,515社(30国・地域、ブランド)
パビリオン:8(日本、韓国、台湾、中国、タイ、マレーシア、シンガポール、ドイツ)
日本からの出展:54社
来場者数: 34,959名
出展製:  工作機械・機器・原料・工具・サービス、他
同時開催: SUBCON INDONESIA

インドネシア最大規模の製造業・関連部品展示会の複合展で、日本からの出展も多い。JETROがとりまとめるジャパン・パビリオンのほか、自治体がパビリオンを募集するケースもあり、比較的出展しやすい環境が整っている。

【関連記事】

 

関連記事