Vitafoods Asia 2019 レポート

【2019年12月23日】公開

2019年9月25日~26日の2日間に、シンガポールで開催された展示会「Vitafoods Asia 2019」の展示ブース設営・運営業務をおこなってきました。

目次
Vitafoods Asia 概要
来場者の来場目的と興味分野TOP5
日系企業の出展状況、他国出展状況
日本の出展企業に感想をお聞きしました
2020年の「Vitafoods」

 

Vitafoods Asia 概要

「Vitafoods Asia」は、栄養補助食品や機能性食品および飲料に特化したB2B展示会です。
「Vitafoods」は、1997年にコペンハーゲンで開催された「Vitafoods Europe」が発祥。
その後、ヨーロッパで順調に規模を拡大し、2011年に成長著しいアジアをターゲットに、「Vitafoods Asia」が香港で初開催されます。
7回目の開催となる2017年に、開催地をシンガポールに移し、以来、マリーナベイサンズのサンズエクスポ&コンベンションセンターで毎年開かれています。
2019年には、最新の商品や技術の情報収集や、ビジネスマッチングの機会を求めて、78ヵ国・地域から7,000名を超える来場者が集まりました。

開催期間:2019年9月25日(水)~26日(木)
会場:Sands Expo & Convention Centre at Marina Bay Sands
出展企業数:379社(43ヵ国・地域)
来場者数:7,060名(78ヵ国・地域)
日本からの出展:27社
主な出展内容:素材/原料、最終商品、サービス/機器、受託製造(プライベートラベル)


 

来場者の来場目的と興味分野TOP5

主催者が実施した来場者アンケートによると、来場者の実に91%が、何らかの商談機会を求めているとのことです。
アンケートの一部を抜粋します。

<来場目的> ※複数回答
1、新商品/サービスの購入:56%
2、研究開発動向の最新情報収集:51%
3、業界動向の情報収集:48%
4、既存のサプライヤーとの商談:35%
5、特定の商材や成分への興味関心:31%

<興味分野> ※複数回答
1.健康寿命の延伸:47%
2.骨と関節の健康:38%
3.免疫力アップ:37%
4.腸内環境改善:35% 
5.糖尿病ケア:31%

来場者プロフィールは公式サイトで入手できます。

 

日系企業の出展状況、他国出展状況

国・地域別の出展企業数の上位は次の通り。
日本からの出展企業は、インドと同数で27社でした。

1.韓国:55社
2.中国:46社
3.台湾:30社
4.アメリカ:28社
5.インド、日本:27社



日本の出展企業一覧
・天野エンザイム株式会社
・株式会社ビーアンドエス・コーポレーション
・株式会社ベルインターナショナル
・シャルーヌ化粧品株式会社
・大和薬品株式会社
・株式会社エミネット
・富士カプセル株式会社
・株式会社グレイン
・岩瀬コスファ株式会社
・株式会社日本生物科学研究所
・独立行政法人日本貿易振興機構(農林水産・食品部)
・一般財団法人日本食品分析センター
・老化防止栄養学会
・株式会社カネカ
・株式会社明成商会
・森下仁丹株式会社
・中野BC株式会社
・株式会社日本セーラ
・沖縄県
・株式会社オムニカ
・オリザ油化株式会社
・パネルジャパン株式会社
・株式会社サクラバイオ
・佐藤薬品工業株式会社
・三生医薬株式会社
・東栄新薬株式会社
・株式会社トモニ


また、地元シンガポールの日系企業も出展しています。
・Kyowa Hakko Bio Singapore Pte Ltd
・MARUBENI ASEAN PTE. LTD.
・Morinaga Nutritional Foods (Asia Pacific) Pte. Ltd.


 

日本の出展企業に感想をお聞きしました

今回、私たちが出展支援をした日本の企業や、ジャパンゾーンにご出展されていた企業の皆様にお話しをお聞きしました。
多く聞こえたのは、主催者発表の来場者数が少なかったにもかかわらず、体感的には盛況感があったということ。
そして、2日間の会期中に、OMEやODMのマッチングが数件あり、今後のビジネス展開に期待できそうだと声も数社からお聞きできました。

展示会場内を見て回ると、たしかに日本企業のブースには来場者が多く集まっており、全体的に注目度が高いように感じました。
東南アジアのみならず、アジア全域から来場者を集めるイベントであり、「Vitafoods Europe」と併せてこの業界での海外展開の入り口としては、検討に値する展示会だと思います。


ただ、この展示会に限らず、東南アジアの展示会来場者の傾向として、会場での商談を求めることが多く感じられます。
日本では、セールスリードの収集目的で展示会に出展するクライアントが多くいらっしゃいますが、同じ感覚で東南アジアの展示会に出展すると、来場者の意向とすれ違う恐れがあります。
現場で具体的な話ができるよう準備をしたり、会期後にすぐにフォローアップができるような、マーケティング・営業体制を整えておく必要があるでしょう。

 

2020年の「Vitafoods」

2020年も「Vitafoods」はアジアとヨーロッパで開催されます。

「Vitafoods Europe 2020」
開催期間:2020年5月12日(火)〜14日(木)
会場: Palexpo(スイス、ジュネーブ)

「Vitafoods Asia 2020」
開催期間:2020年9月23日(水)~24日(木)
会場:Sands Expo & Convention Centre at Marina Bay Sands(シンガポール)

ビッグビートでは、2019年に引き続き、日本からご出展される皆さまに、日本国内でのワンストップサービスをご提供いたします。
私たちビッグビートが、日本国内で出展企業と打ち合わせをし、現地の提携企業に直接発注します。
そのため、ご担当者様の工数の削減とリーズナブルな料金を両立させています。
出展申し込みから展示ブースの造作、コンパニオンなどの運営スタッフの手配や管理まで、トータルなご相談から、部分的なご依頼までお気軽にお問い合わせください。

たとえば・・・
・出展申込み
・出展位置折衝
・主催者折衝
・各種申請書類代行
・造作企画デザイン・レイアウト・設営
・運営スタッフ手配
・アンケート設計
・名刺情報取得・管理
・カタログ作成
・動画コンテンツ作成
・ランディングページ作成
・Webコンテンツ作成・運用(会期前後)
・リードナーチャリング
・デジタルマーケティング
・翻訳業務、通訳手配
・製品・必要備品の輸送申請代行 など


 

関連記事