Vietnam ベトナム

ベトナム最大級の製造業向け展示会 METALEXベトナム

【2019年6月14日】公開

METALEXベトナムとは

METALEXベトナムは、ベトナムで最大級の製造業向け展示会です。
2007年に初開催され、2019年で13回目。その規模は年ごとに大きくなっています。
毎年10月に、ホーチミン市のSaigon Exhibition and Convention Center(SECC)で行われ、2019年は10月10日(木)~12(土)に開催されます。
主な出展製品は、工作機械や金属加工機、金型、FA、測定器など。

ベトナムの製造業向け展示会には、主要なものが3つあります。
7月に同じくSECCで開催されるMTA VIETNAM。
8月にハノイ市のInternational Centre of Exhibition (I.C.E )で開催されるVietnam Manufacturing Expo。
10月のこのイベント、METALEXベトナムです。
その中でも、来場者数も、出展社数も一番多い展示会が、このMETALEXベトナムです。



METALEXベトナム2018

METALEXベトナム2018は、「インダストリー4.0」をテーマに、2018年10月12日(木)~14日(土)に開催されました。
3日間合計で18,848名の来場者を集め、その内訳は、
来場者はベトナムからはもちろん、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアといったASEAN諸国をはじめ、45の国と地域から来越しています。
 

metalex-exhibition


METALEXベトナムの来場者

METALEXベトナム2018は、2018年10月12日(木)~14日(土)に開催され、3日間合計で18,848名の来場者を集めました。
来場者はベトナムからはもちろん、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアといったASEAN諸国をはじめ、45の国と地域から来越しています。
 

metalex-2018-visitors


METALEXベトナムの出展企業

METALEXベトナム2018には、25の国と地域から、500社以上の企業が出展しました。パビリオンも7つ(中国、ドイツ、日本、韓国、シンガポール、台湾、インド)設けられ、規模に関わらず、様々な企業が参加しています。
日本からは53社が出展。日本トムソン、昭和電機、高松機械工業、キーエンス、サトー、山善、日立製作所、ユアサ商事といった独立ブースのほか、東京都中小企業振興公社、長野県中小企業振興センターなどの自治体が支援するパビリオンも多くあり、会場内でも存在感を示していました。



METALEXベトナムの主催者

METALEXベトナムは、ASEANの代表的な展示会オーガナイザーであるReed Tradexが主催しています。Reed Tradexは、日本でもおなじみのリード エグジビション ジャパンと同じく、イギリスに本社を置くReed Exhibitionsの一員です。タイとベトナムで34年の展示会主催の実績があり、年間に20以上の展示会や国際会議を開催しています。



METALEXベトナム2019

METALEXベトナム2019は、「Metalworking Rising with Innovations」をテーマに、2019年は10月10日(木)~12(土)にSECCで開催されます。
今年は同時開催展として、産業用ロボットの見本市「Robot X HCMC」と溶接技術の展示会「WELDING VIETNAM 2019」が併催され、より来場者の増加と裾野の広がりが見込まれています。


本メディアを運営している株式会社ビッグビートでは、海外展示会への出展サポートをしております。  
日本からご出展されるご担当社は国内にいながら展示会成功に向けて、ワンストップのサービスをご提供いたします。  
弊社が日本国内で打ち合わせさせていただき、現地の企業に直接発注するため、ご担当者様の工数の削減とリーズナブルな料金を両立させています。
  
出展企画から展示ブースの造作、コンパニオンなど運営スタッフの手配や管理など、トータルなご相談から部分的なご依頼まで、お気軽にお問い合わせください。  

      

 

関連記事

関連記事