Thailand タイ

タイ最大級の製造業向け展示会 METALEX

【2019年6月21日】公開

 

メタルテック タイランド ロゴ

METALEXとは

METALEXは、毎年タイで行われる、東南アジア最大級の製造業向け展示会です。
2019年で33回目となり、来場者は10万人を超えると予想されています。
毎年11月に、バンコクのBangkok International Trade & Exhibition Centre (BITEC)で行われ、2019年は11月20日(水)~23(土)に開催されます。
主な出展製品は、工作機械や金属加工機、金型、FA、測定器など。

タイで行われる製造業向け展示会では、6月の「Manufacturing Expo」と、このMETALEXがほぼ同規模で双璧をなしています。

2つの展示会は、どちらも東南アジア最大規模の製造業向け展示会ですが、イベントの構成が異なっています。
METALEXが工作機械や金属加工技術に特化しているのに対し、Manufacturing Expoは6つの専門展示会で構成されている、いわば「ものづくり総合展」という性格の展示会です。

どちらの展示会も、主催はReed Tradexが行っており、タイのみならず東南アジア地域のゲートウェイ展示会にすべく、近年とくにマーケティングに力を入れています。その努力が成果にあらわれ、年ごとに規模が拡大しています。


METALEX2018

METALEX2018は、2018年11月21日(水)~24日(土)に開催され、4日間合計で99,998名の来場者を集めました。主催者目標の10万人にはわずかに届きませんでしたが、前の年と比べ1割近く増やしています。
出展企業も、23の国と地域から913社が参加しており、そのうち日本からは129社が出展しました。JETROをはじめ、自治体が支援するパビリオンもあり、規模の大小にかかわらず、様々な企業が出展していました。
また、2019年から、産業ロボット展「ROBOT X」が併催され、スマートファクトリー化という新しいテーマも打ち出されています。





METALEXの主催者

METALEXは、東南アジアの代表的な展示会オーガナイザーであるReed Tradexが主催しています。Reed Tradexは、日本でもおなじみのリード エグジビション ジャパンと同じく、イギリスに本社を置くReed Exhibitionsの一員です。タイとベトナムで34年の展示会主催の実績があり、年間に20以上の展示会や国際会議を開催しています。


METALEXタイ2019

METALEX2019は、「NEW SMART TECHNOLOGIES」をテーマに、2019年11月20日(水)~23日(土)にBITECで開催されます。
会場内に、アルミニウムなどの軽金属加工に特化した「Smart Materials Zone」を新設し、IoT関連の展示も強化するなど、より来場者の増加と裾野の広がりが見込まれています。

本メディアを運営している株式会社ビッグビートでは、海外展示会への出展サポートをしております。  
日本からご出展されるご担当社は国内にいながら展示会成功に向けて、ワンストップのサービスをご提供いたします。  
弊社が日本国内で打ち合わせさせていただき、現地の企業に直接発注するため、ご担当者様の工数の削減とリーズナブルな料金を両立させています。
  
出展企画から展示ブースの造作、コンパニオンなど運営スタッフの手配や管理など、トータルなご相談から部分的なご依頼まで、お気軽にお問い合わせください。  

      

 

関連記事

関連記事